帯締め帯揚げの結び方

◆帯締め詳しい結び方◆

スタート

壱

1.左右の帯締めの長さを同じにします。

次へ

参

4.左手で下の帯締めを上に上げます。
結び目を押さえる手を替え、右手で上に上げた帯締めを輪の中に通します。

次へ

弐

2.帯枕に帯揚げをかけ、中心を綿ゴムで止めます。

次へ

四

5.右手で結び目を押さえながら、輪になっている帯締めを左手で引き、左右をしかり締めます。

次へ

弐

3.上になっている帯締めの中央を折って、結び目に重ねて輪を作り、右手で押さえます。

次へ

四

6.上下二本の帯締めをきれいに重ね、左右の先端を脇に挟みこみます。
(※房は弔辞の時は上げません。
両方の房を下ろすように挟みます)

完成

▼帯揚げ詳しい結び方▼

スタート

壱

1.帯揚げを左右の脇から先端に向けて、綺麗に三つ折します。
(幅の広いものは四つ折にします)

次へ

四

4.上の帯上げを軸にして、右、左の順で静かに引いて軽く締めます。

次へ

弐

2.きものの合わせ方と同様に左(上前側)を上にして、下からくぐらせて一結びします。

次へ

伍

5.帯揚げの先端をかさばらないように、くるくる丸め(もしくはたたみます)左右それぞれをきものと帯の間に入れ込みます。

次へ

参

3.上の帯上げを中央に戻し、結び目をきれいに整えます。
下の帯揚げを折って輪を作り、上の帯上げを入れます。

次へ

六

6.結び目の中心を帯の中に押し入れ、好みに応じて、のぞかせる分量を調整します。

完成