一重太鼓の結び方

◆帯山を決めて帯枕を背中にあてがいます◆

準備するもの・・・前板 帯枕 仮紐1本 帯締め  帯揚げ(綿ゴム) あればクリップ(ピッチ)

スタート

壱

1.ねじり目のきわをきれいにのばします。

次へ

参

3.帯タレを前に回して柄の位置を見ながら帯山を決めます。
そこに内側へ帯枕を入れ込み、帯山の中央を表側から片手で持ちます。

次へ

弐

2.帯枕に帯揚げをかけ、中心を綿ゴムで止めます。

次へ

四

4.帯枕とねじり目の間をととのえながら、
帯枕の平らな部分が背中にぴったりとつくように背中に沿わせます。
帯枕の紐を前でしっかり結びます。
結び目は帯と着物の間に入れ込みます。
帯揚げも前に回し、仮結びしておきます。
(帯枕をあてた周りしわを伸ばす。
新しい帯やかたい帯などは軽くたたいてならします。)

▼お太鼓を形づくります▼

スタート

壱

1.巻いた帯の下線にあわせて、帯の内側に仮ひもをあててお太鼓の決め線をとります。

次へ

伍

5.前にあずけておいた手先をはずし、右側からお太鼓の中へ仮ひもづたいに通し、手先を2cm出して止めます。
手が長い場合は右わきで余るので内側に折り込み調節します。

次へ

弐

2.指を使って帯を内側に折り込んだら、片手で仮紐ごと帯をもちながら、もう片方の手であまり分を内側に折りあげます。

次へ

六

6.手先を押さえるようにしながら帯締めを通します。

次へ

参

3.たれの長さは人差し指(約7~8センチ)で決めます。

次へ

七

7.帯の中央で帯締めをしっかり結び、仮ひもをはずします。

次へ

四

4.お太鼓の下端(折り上げ線)と仮ひもをしっかりつかんで、左右にピンと張って糸目を通してから、仮ひもを前で結びます。

次へ

八

8.仮結びした帯揚げをほどき、帯揚げをととのえます。

次へ

 

出来上がったら、ポイントをチェックして、綺麗な帯結びを目指しましょう。

・柄はお太鼓の中央か、やや高い位置にあるとバランスが良い。
・手先は、帯端から2cm出ている(反対側は帯端につき合わせ)
・たれ先の長さは約7cm~8cm・お太鼓の山は背中にぴったりついて安定している。(帯枕は中型がすっきり仕上がる)
・帯揚げは少しのぞかせる程度に・おはしょりの幅は5-6cmを目安に。広からず、狭からずがよい・帯に余分なしわやたるみがない・1巻き目の帯のはみ出しがない・帯締めは帯幅のほぼ中央に1本のラインで通っている。結び目は中心に。