一般のお着物の着付け

一般的なお着物の着付けの方法は共通ですが、お着物の格によって、衿合せや着丈、おはしょりの長さなどを調節します。
訪問着や付け下げ、色無地などは華やかな、もしくはきりっとした雰囲気に、小紋や紬などのお洒落着には堅苦しくないゆったりとした雰囲気に着付けましょう。

スタート

壱

1.両手できものの衿を持ち、左右に振り分けて、腰をかがめて左右の肩を入れ込むように着ます。
両手で衿を持ち、裾全体を引く上げ、徐々に裾を下ろし、床すれすれに裾線を決めます。(腰紐を締めると少し裾が上がります)

次へ

 

 

 

 

六

6.きものの衿を長襦袢に沿わせたら、衿の左右を両手で持ち、背中心が合うように整えます。

次へ

弐

2.右の腰骨が隠れる位置を目安に、上前幅を決めます。
上前幅が決まったらきものの幅のゆるみを残さないように、右側に引きます。
(引くときは真横に引くのがポイントです。)

次へ

七

7.下前のきものの衿が整ったら、おはしょりを斜めに折りあげます。
(これをすることで、上前のおはしょりがすっきりと綺麗になります)
上前の衿を同様に整えます。
左手を身八つ口から下前衿、右手で上前衿を持ち、衿もとを整えます。
*半衿の出方はフォーマル度の高い時は1.5~2センチ、カジュアルな時は1~1.5センチ位を目安に。

次へ

参

3.引いたまま、いったん上前を開き、下前と入れ替えます。
下前の褄を上げて、下前を合わせます。

次へ

八

8.前身頃のシワを両脇に寄せながら、バストより少し低い位置に前から胸紐をかけます。
後ろに紐を回すとき、紐の上の背中のシワを左右に引いて整え、前に回してきて、左右どちらかで結びます。

次へ

四

4.下前を合わせたら、下前の端を(上前の上から)左のひじでずれないように固定し、上前を重ねます。
(絵羽模様のおきものは柄がゆがむので、褄を上げすぎないように注意!)
腰紐を左右どちらかにずらして結びます。
余計な紐は腰紐に挟んで邪魔にならないように処理をしておきます。
*腰紐がゆるいと着崩れのもとになります。腰骨より二~三センチ上でしっかり締めておきましょう。

次へ

九

9.伊達締めを締めます。
(おはしょりの余分があるときも伊達締めでおさえておきます)
伊達締めの紐端は上から下に挟んで邪魔な部分を処理しておきます。

次へ

伍

5.身八つ口から手を入れ、前後のおはしょりをトントンと下ろしてから、綺麗に形を整えます。

次へ

襦袢から着物まで大丈夫ですか?
次は 帯の着付けコーナーです。
一度チャレンジしてくださいね。
きっと楽しいきものライフが貴方を、待っていますよ。
カジュアルの場合の着付け