比翼や紋のあるフォーマルお着物の着付け

フォーマルなお着物の着付けは、衣紋の抜き加減や衿合せに注意して、優雅に品良く着付けるのがポイントです。
特に留袖や色留袖には比翼が付いていますので、衿元を美しく見せましょう。
着丈も他の着物より長めにとります。
(後ろは床にすれるくらい、足の甲は隠し、つま先が見える位が綺麗です。)
また、美しい柄がゆがまないように、上前の褄は上げすぎないようにします。
紋の付いているお着物は、胸元の左右、背中心の紋がゆがまないように気をつけましょう。

スタート

壱

1.きものをはおり、両手で衿を持ち、中心がゆがまないように体の中心で合せます。
両手で衿を持ち、きものを持ち上げます。
徐々に裾を下ろし、床すれすれよりほんの少し長めに裾線を決めます。
(腰紐を締めると少し裾が上がるため、長めに決めます)

次へ

 

六

6.きものの衿から比翼が5ミリ程度出るように、まず下前の衿を整えます。
下前のきものの衿と比翼が整ったら、おはしょりを斜めに折りあげます。
(これをすることで、上前のおはしょりがすっきりと綺麗になります)

次へ

弐

2.絵羽模様が体の正面に来るように、上前幅を決めます。

次へ

七

7.上前の衿と比翼を同様に整えます。
半衿は合わせ目のところで二~三センチ出るように衿合せします。
衿もとがくずれないように注意しながら胸紐を前から結びます。

次へ

参

3.そのままの位置で、上前と下前を入れ替え、下前を合せ、褄を少し上げます。

次へ

八

8.おはしょりが長い場合は、余分を胸紐の上に持ち上げて、真っ直ぐ整えます。

(*おはしょりは帯下から六~七センチ位の長さが目安です)

次へ

四

4.上前を重ねて、褄を少しだけ上げます。
前のしわをのばしながら、腰紐を左右どちらかにずらして結びます。
余計な紐は腰紐に挟んで邪魔にならないように処理をしておきます。
*比翼の付いているお着物は重さがありますので、腰紐がゆるいと着崩れのもとになります。
しっかりきつめに結んでおきましょう。

次へ

九

9.おはしょりの上に伊達締めを締めます。
(余分があるときも伊達締めでおさえておきます)
伊達締めの紐端は上から下に挟んで邪魔な部分を処理しておきます。

次へ

伍

5.身八つ口から手を入れ、前後のおはしょりをトントンと下ろしてから、綺麗に形を整えます。

次へ

襦袢から着物まで大丈夫ですか?
次は 帯の着付けコーナーです。
難しがらず、一度チャレンジしてくださいね。
あともう一歩!
きっと楽しいきものライフが貴方を、待っていますよ。
比翼や紋のあるフォーマルお着物の着付け