結婚式・披露宴

時代とともに結婚式や披露宴のあり方も変わりつつありますが、新しいカップルを祝う気持ちは、いつの時代も同じです。
結婚式場やホテルの披露宴に招かれることが多いと思います。
その場合はフォーマルな場ですので、場に合った装いが必要です。
ただ、最近ではレストランなどで親しい人々だけのくだけたパーティーというケースもあります。
この場合は、自由な装いもよいでしょう。

☆新郎新婦の両親と媒酌人夫妻、親族の装い☆
挙式の列席者である両親、媒酌人夫妻は第一礼装が基本です。
ミセスの第一礼装は留そで(五つ紋)がきまりです。
着物との格を合わせた袋帯を二重太鼓に結び、末広(扇子)を帯の左わきにはさんで仕上げます。
黒留そでと色留そでは五つ紋であれば同格で、どちらも第一礼装です。
男性は、モーニングに白ネクタイでの洋服の礼装が一般的ですが、和装の場合は、第一礼装の黒の紋服(五つ紋の羽織ときもの)の仙台平の袴を着ます。
身近な親族は、挙式を列席する場合は既婚女性は五つ紋の留そでを着用し若い未婚女性は振袖を着ますが披露宴のみの場合は、未婚、既婚を問わず訪問着でも大丈夫です。

 

招待客の装い

女性は、第一礼装の色留そでか、準礼装の訪問着、紋つきの色無地などを着用し、お嬢さんなら振りそでを着用します。
おめでたい席なので華やかに色を添えることは大切な事です。
ただ主役である花嫁より控えめにする事も忘れずに・・・・・

盛夏の結婚式には・・・・・・・・
正式には、夏用の、絽の留そでや振りそでを着用します。
ただ最近では冷房が完備している為冬物の礼服でもかまわないことになっています。

  結婚式・披露宴
 

目次ページへ
お宮参り十三参り七五三参り成人式結婚式・結婚披露宴茶席パーティー弔 辞